測定用メジャーと体重計

肥満治療薬は、病院処方でも受け取ることが可能です。

肥満治療を専門にした病院やクリニックで処方が受けられます。
医学的な見地から肥満を治療していくので、自分で考えたダイエットよりも効果が感じられることも多いようです。

肥満治療クリニックでは、主に以下の4つの方法で受診者のダイエットを行なっています。

食事療法・運動療法・外科療法・投薬療法の4つです。

このうち、ここでは投与療法について詳しく見ていきます。

投与療法では、肥満治療薬を使った治療を行います。
よく使われるのは抗肥満薬という薬で、肥満を予防・防止する効果が得られます。
医療用薬品には3種類ありますが、日本の肥満治療クリニックで処方が受けられるのはそのうちの1種類だけです。
これには医師の処方が必要です。

摂食中枢に直接働きかけて食欲を抑える作用で、肥満を予防・防止していきます。
肥満の人に多いのが、ストレスによる過食です。
ストレスを感じた時にそれを食べることで発散させようとするので、ストレスによって肥満が生じるメカニズムが形成されてしまいます。

抗肥満薬はその食欲を抑える効果が期待できます。
ただ、食欲抑制をするということで、効果的に痩せたいのならば、そのほかに運動療法を組み合わせることが必要です。
食事量を抑え、さらに有酸素運動などの酸素を取り込んだ運動により、脂肪の燃焼効果を高めていきます。

このようなことから、肥満治療薬単独で痩せるのではなく、他の食事療法・運動療法などを組み合わせた方法を用いることが基本になります。

投与療法を受ける場合、信頼できるクリニックと医師を選ぶことが大切です。
健康的に痩せることを第一に処方してくれているかをチェックして利用しましょう。